EC SHOP Instagram

Diary

2019.1.23

土と水のお話。

2月3日の種まきの日から

トモスファームという畑を作ることになりました。

A型事業所もB型事業所も利用者様絶賛大募集中なので、この機に是非会社にお問い合わせくださいませ。

 

そして今日は、土と水のお話。

目に見えるものは大地から

目に見えないものは空からできている。

という言葉を大切にしています。

土の中の世界は

微生物や根や虫たちが情報共有をし循環を起こしていて、縄張り意識まであるという。

壮大な例えで言うと

大地が生き物で、それらが内臓や細胞のような役割をしています。

水の中の世界は、

微生物やプランクトン、水中生物や珊瑚などが上記の役割を果たしている。

つまり、土も水も生きている。

以前、生き物がつくるものには生き物にヒントがあるというdiaryを更新したことがあったけれど

大地や海のような大きな生き物の中に住む微生物たちが

ニューロンの働きをし、情報を伝えていくことと同じように

大きな範囲に情報を伝える為に僕ら人間はインターネットを作りネットワークを暮らしの中に取り入れました。

すでに、自然界には当たり前にあったことに人間が気付いてそれらを形にしてきたと僕は思っています。

ほとんどのことを自然界が一番早くやっている気がしますね。

自然界の大切なことを沢山教えてくれた北海道でのこと。

北海道のせたな町にある『村上牧場』の健吾くんに会った時に、そこに集まるシェフやオーガニックファーマーやミュージシャンたちがそれぞれ出来ることを与え合う姿、コミュニティーを見て度肝を抜かれたことを凄く覚えている。

大切なことは、当たり前の中にあるんだなと気付かされました。

そして今月25日から、彼らの暮らしが映画化された「そらのレストラン」が上映スタートします。

主演の大泉洋さんが演じるのが健吾くん。是非観て欲しいです!